腸内フローラを整えて健康的な生活を



腸内フローラとは何か

私たちの身体の中には細菌が生息しており、特に腸内には集中しています。その種類は1000以上で、約100兆個の細菌が生息しているのです。こういった細菌は腸内フローラと呼ばれており、これは人間の健康に大きく関係しています。この腸内フローラはさまざまなメディアに取り上げられていますので、名前を耳にしたことのある方は多いことでしょう。しかし、その役割についてご存知の方は少ないものです。

腸内フローラは善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分類されており、それぞれ性質が異なります。善玉菌はその名前が示すとおり私たちの健康をサポートする働きがあり、代表的な善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌です。こういった善玉菌を摂取することで私たちの免疫力が高まり、感染症を防ぐことが出来ます。さらに、大腸では栄養を吸収していますが、その吸収を助ける作用もあるのです。そのため、私たちが健康的に生活をする上で欠かせない細菌と言えるでしょう。

悪玉菌は善玉菌とは逆で、身体に有害な物質を作る作用を持っています。代表的な悪玉菌は大腸菌、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などで、これらは腸内がアルカリ性になると繁殖しやすくなる性質があるのです。そして、日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌の味方になり、悪玉菌が増えると悪玉菌の味方をする性質があります。そのほかにも腸内フローラにはさまざまな特徴がありますので、こちらにはその情報を集めました。健康的な生活に役立ててください。