腸内フローラを整えて健康的な生活を



腸内フローラのバランス

人間の大腸の中には腸内フローラがあり、この腸内フローラに含まれる細菌のバランスによって健康が保たれています。そのため、腸内フローラのバランスが崩れてしまうと健康を害してしまうのです。腸内フローラには善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類がありますが、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7という割合が理想とされています。このバランスが崩れてしまうと健康に悪影響を与えてしまうのです。

それでは、腸内フローラの悪玉菌が増加するとどうなってしまうのでしょうか。これによって大腸の調子が悪くなってしまい、便秘や下痢になってしまうのです。そのため、これらの身体の異変を感じたら腸内フローラのバランスが崩れている可能性があります。そして、腸内フローラのバランスが悪いままになっていると、肌荒れや肩こり、肥満なども起こってしまうのです。

女性によっては普段から便秘気味という方がいますが、これは腸内フローラのバランスが崩れている可能性も考えられます。日本人女性にとって大腸ガンは死亡率のトップとなっていますので、便秘気味の方は腸内フローラの環境を整えましょう。また、今は健康だったとしても年齢を重ねることで腸内フローラのバランスが崩れることもありますので、常に腸内フローラを意識した生活を心がけてください。